2021年6月20日 (日)

近江鉄道 赤電塗装820系 臨時列車

-2021(令和3)年6月19日-

「2021ガチャコンまつりin東近江市」のイベント開催による臨時列車が八日市~日野(一部、彦根~八日市は貸切列車)で3往復運転されました。赤電塗装820系に運行板を取り付けての運行ということで撮影に行ってきました。

20210619_00
イベント会場の最寄り八日市駅に到着。

20210619_01
彦根駅から貸し切り列車として八日市駅に到着。当駅から日野駅までは誰でも乗車できる臨時列車になります。

20210619_02
停車時間に進行逆側のヘッドライトも点灯

20210619_04
表裏、2種類の運行板が使われましたが画像の赤地タイプは1本目の下り列車のみ

20210619_05
八日市駅から徒歩15分ほどの「近江酒造」に保存されているED31 4を見に行きました。

20210619_06
平日の営業時間内なら機関車に近づけるらしいですが休日だったので門の外から撮ってイベント会場へ

20210619_07
イベント会場から駅に戻って来ると中線に留置された赤電。2往復目の運転まで時間があるので待機しています。

20210619_08
運行板は白地タイプのものに変わっています。サービス?で表示している「水口」や「水口-貴生川」と運行板の表示がミスマッチ

20210619_09
900系「あかね」号、300系と並んだ820系赤電

20210619_10
2往復目の臨時列車に乗車

20210619_111
日野駅に到着

20210619_12
2往復目の臨時列車が八日市に出発し日野駅鉄道ミュージアムの見学や駅舎内のカフェで時間をつぶし3往復目の臨時列車を待ちます。

20210619_13
3往復目の臨時列車が日野駅に到着。雨天でなければ1本ぐらいは沿線で撮りたかった・・・

20210619_14
停車中に取り付けられた最初の臨時列車で使われた赤地タイプの運行板を撮って撮影終了。

20210619_15
日野駅から下り列車で貴生川駅へ、鉄印を記帳してもらうため信楽高原鉄道で信楽へ寄ってから帰路につきました。

2021年5月 7日 (金)

【準備中】直江津D51レールパーク

-2021(令和3)年4月29日-

20210429_k01

20210429_k02

【準備中】保存車両訪問 9646

-2021(令和3)年4月28日-

20210428_k31

【準備中】長野電鉄

-2021(令和3)年4月28日-

20210428_k21

【準備中】保存車両訪問 D51401

-2021(令和3)年4月28日-

20210428_k11

【準備中】保存車両訪問 D51172

-2021(令和3)年4月27日-

20210427_k11

【準備中】アルピコ交通

-2021(令和3)年4月27~28日-

20210427_k01

20210428_k01

2021年4月12日 (月)

のと鉄道に乗って、能登さくら駅を訪れました

-2021(令和3)年4月11日-

20210411_12
昨夜、宿泊した高岡から普通列車を乗り継いで、のと鉄道穴水駅まで来ました。

20210411_13
穴水駅に保存されている「のと恋路」号NT800とお座敷改造されたNT127号。右下は珠洲駅で2004年に運転されたリバイバル急行「能登路」と並ぶ「のと恋路」号

20210411_21
能登さくら駅の愛称で呼ばれる能登鹿島駅に来ました。この日は愛好家主催の貸し切り列車「ゆのさぎ」号が運転されていました。

20210411_22
約10分停車しているので先頭側も撮りたかったのですが観光バスで乗り付けた団体客が密集していて身動きが取れなかった。

20210411_31
能登鹿島から能登中島駅に移動します。能登鹿島の桜はギリギリ持ちこたえていましたが能登中島駅まで来ると明らかにピークを過ぎていました。笠志保方面へ徒歩5分の踏切付近で撮影。

20210411_32
観光列車「のと里山里海」3号を後追い撮影

20210411_33
貸し切り列車「ゆのさぎ」4号

20210411_34
折り返し戻ってきた3号を動画撮影して約15分停車していた能登中島駅の出発を見送り。

20210411_41
能登中島駅に保存されている「オユ10 2565」

20210411_42
右下は2004年撮影の甲駅に保存されていた時のもの。上2点は2019年撮影。

20210411_43
観光列車「のと里山里海」4号と併結している普通車両で和倉温泉駅へ。2分後(接続?)に来る路線バスへ急いで乗って和倉温泉総湯へ入浴しに行きます。

20210411_51
和倉温泉総湯で入浴して和倉温泉駅に戻って来ると、ちょうど「花嫁のれん」号が出発するところでした。乗車する列車は1時間後なので駅前のレストランで名物の「はいだるいカレー」を頂きながら時間を待ちます。

20210411_52
特急「かがり火」号と「サンダーバード」号を乗り継いで帰路につきました。

【保存車両訪問】福光公園のD51 165号機を訪れました。富山県南砺市

-2021(令和3)年4月10日-

20210410_01
金沢駅から福光駅を結ぶ西日本JRバス名金線で福光へ。青春18きっぷの提示で受けられる「アオハル!つながるバス旅きっぷ」キャンペーンの春期最終日だったのですが運転士がキャンペーン内容を把握していない様子で(営業所に連絡して指示を仰いでいたものの)所定運賃980円から800円の値引きは受けられましたが記念乗車票が見つからず貰えませんでした。

20210410_11 
福光駅から徒歩で13分の福光公園に保存されているD51 165号機を訪れました。

20210410_12

20210410_13

20210410_14

 

20210410_31

20210410_32
福光駅に戻る途中で西日本JRバス名金線のバスとすれ違い

20210410_33
福光駅

20210410_34
終点の城端駅まで行って折り返し

20210410_41
高岡駅に到着。エキナカの「今庄そば」でうどん、そば両方が入った名物の「ちゃんぽん」を食べて宿泊するホテルに向かいました。

2021年4月 6日 (火)

樽見鉄道へ鉄印収集と天然記念物の薄墨ザクラを見に行きました

-2021(令和3)年4月3日-

20210403_01
大垣駅より樽見鉄道に乗って途中駅ですが車庫や整備工場がある本拠地といえる本巣駅に到着。

20210403_02 
本巣駅で鉄印帳に直書きで記帳して頂きました。

20210403_03
乗ってきた列車は本巣駅止めだったので車庫へ引き上げていきます。

20210403_04
本巣駅構内。構内を横切る跨線橋は見た目に頼りなく(コンクリートの板を踏み抜きそう)で恐々と渡りました。

20210403_05
次に終点の樽見駅に向かうのは「モレラ」ラッピングの車両

20210403_06
本巣駅から樽見駅まで乗車して樽見鉄道を完乗。引き込み線に帰りに乗る臨時快速用の車両が留置されています。

20210403_07
樽見駅から徒歩15分ほどにある国指定天然記念物になっている根尾谷薄墨ザクラです。既にピークは過ぎていたようで花びらは大分、散った後でした。

20210403_08
臨時快速の大垣行き。シャッター速度をミスって表示欠けになってしまいました。

20210403_09
この臨時快速に乗って帰路につきました。

«【準備中】若桜鉄道・智頭急行